インフルエンザの治療薬で最も多く使われているのがタミフルです。何故タミフルがインフルエンザによく効くのか、多くの方に使用されている理由、服用方法や注意するべき副作用について紹介します。

  • ホーム
  • タミフルで免疫力向上にも効果がある

タミフルで免疫力向上にも効果がある

多様な薬と瓶

インフルエンザに処方されるタミフルは、免疫力を向上させる効果もあります。
タミフルにかぎらず、インフルエンザ治療薬のほぼすべてが、体調に異変を感じてから48時間以内に服用しなければなりません。

インフルエンザウィルスは、感染してから主に24時間~48時間以内に爆発的に増えます。
その増殖は凄まじく、体内に侵入したたった1つのウィルスが1時間後には120万にもなるため、増殖を抑制しなければなりません。
そのための薬がタミフルなのです。
タミフルには、インフルエンザウィルスの増殖を抑える有効成分オセルタミビル リン酸塩が含まれており、インフルエンザウィルスの増殖を抑制し、免疫の働きを向上させサポートします。
タミフルを服用することのメリットは、まだまだあります。
インフルエンザに感染したとき、単なる風邪だと甘く見てそのままの状態で過ごすと、体内で爆発的に増殖したウィルスにより、急速に体調が悪化します。
ウィルスの方によって異なりますが、38度~40度前後ほどの高熱、関節痛、筋肉痛、下痢、咳、喉の痛みといった症状に直面します。
最大限にウィルスが増殖すると、脱水症状なども併発して大変危険な状態になってしまいます。
タミフルを服用することで、このような最悪期の状態を抑制するとともに、期間を短くできます。
インフルエンザによる苦痛を出来る限り抑制し、免疫の働きをサポートすることで、心身への負担を抑えるのです。
通常インフルエンザに感染した場合、他者への感染を防ぐため5日~7日間、会社や学校を休むことになります。
また、脱水症状などにも悩まされることもあるので、注意を要します。
寒くなって風邪かな?と思ったら、まずインフルエンザを疑いましょう。
体調の異変を感じたら24時間~48時間以内に医師の診断を受けタミフルを処方してもらい、早期に服用してください。