インフルエンザの治療薬で最も多く使われているのがタミフルです。何故タミフルがインフルエンザによく効くのか、多くの方に使用されている理由、服用方法や注意するべき副作用について紹介します。

  • ホーム
  • タミフルと同様の効果が得られる薬はある?

タミフルと同様の効果が得られる薬はある?

鼻をかんでいる女性

インフルエンザの治療薬として有名なタミフルは、病院で診断されると処方される薬ですが、症状が発症してから48時間以内に服用しないと効果が発揮できないとされます。
その理由はタミフルがウイルスを駆逐するものではなく、増殖を抑えて症状を緩和させるためのものだからです。
ウイルスの増殖にはDNAを複製して増やすという方法が採られますが、この時に侵入した細胞から切り離しを行い、別の細胞へと移動します。
切り離しを行うためにはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素が必要になるのですが、タミフルはこのノイラミニダーゼの働きを阻害する作用があるのです。
これによって細胞内にウイルスを閉じ込め、増殖することを防ぐことが可能となります。
作用機序からタミフルはノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれますが、これと同じ働きをするものにリレンザ、ラピアクタ、イナビルと全部で4つの種類があります。
ただし、それぞれ剤形が異なり、タミフルはカプセルと小児用ドライシロップがありますが、リレンザとイナビルは粉末状の薬剤を閉じ込めた吸入型となります。
ラピアクタに関しては点滴によって投与されるため、タミフルを含む他の製剤が処方されるのに対し、こちらは処方されることはありません。
また、基本的に第一選択薬がタミフルとなるため、ラピアクタが使用されることはほとんどないようです。
ただし、タミフルは10歳以上20歳未満の子供には、異常行動という副作用があるため、この年代にはリレンザまたはイナビルが第一選択となります。
年代や感染の状況によって使い分けられるため、吸入器の扱いが難しい子供であったり、耐性菌の問題が起こった場合はそれに対応した処方が行われるようになっています。

サイト内検索
人気記事一覧