インフルエンザの治療薬で最も多く使われているのがタミフルです。何故タミフルがインフルエンザによく効くのか、多くの方に使用されている理由、服用方法や注意するべき副作用について紹介します。

  • ホーム
  • タミフルの実力と効果について

タミフルの実力と効果について

カプセルと瓶

タミフルは、シアリダーゼ阻害薬に分類されるA型、B型共に有効な抗インフルエンザ薬であり、新型インフルエンザウイルスにも有効とされ、発生が懸念されるパンデミック対策として備蓄されています。
インフルエンザは、ウイルス単独では感染する能力を有していない為に呼吸系の器官に存在するプロテアーゼにより活性化され感染力を獲得します。
粘膜上皮細胞のシアル酸レセプターと結合する事で宿主となる細胞に侵入し、シアリダーゼの膜融合活性作用により宿主細胞内の核に対して遺伝情報を放出する脱殻を行い、ウイルスの遺伝子合成やウイルス増殖の為のタンパク質の生成が開始されます。
結果、形成されたシアリダーゼとヘマグルチニンが宿主細胞の膜表面に並び、出芽したインフルエンザウイルスはシアル酸レセプターに繋がれた状態となり、シアリダーゼの作用によりシアル酸レセプターを切り離し遊離します。

タミフルは、シアリダーゼに作用する事でインフルエンザウイルスの遊離を阻害し、ウイルスの増殖を鈍化させる効果があります。
その為、タミフルはウイルスの増殖スピードが最大となる発症から48時間経過する前に内服する事が必須条件であり、服用が早いほど効果が高いとされています。
又、タミフルは、インフルエンザの治療で使われる薬としてだけでは無く、インフルエンザの予防薬としても非常に有効です。

インフルエンザは、感染から症状が発症するまでの期間が2日前後あるので、感染者や感染が疑われる人との接触から36時間以内にタミフルを服用し、1日1回の服用を10日ほど継続する事でインフルエンザの発症率を1.3%まで抑える効果があります。
タミフルを予防目的で内服する事で、症状が発症する前に治癒するケースや発症時も軽い症状で治癒します。

インフルエンザかもと思ってから、体もしんどい状態で病院へ検査を受けに行くのも大変ですよね。
ましてや、公共交通機関ではインフルエンザを他の人へうつしてしまう可能性もあります。
そういうときの為にもタミフルを通販しておけば即治療を始められますので、事前に備えておきましょう。
予防摂取を忘れてしまったという方でも、予防効果も期待できますからおすすめです。
インフルエンザが流行する季節にはあらかじめ自分でできる準備をしておくことが大切です。