インフルエンザの治療薬で最も多く使われているのがタミフルです。何故タミフルがインフルエンザによく効くのか、多くの方に使用されている理由、服用方法や注意するべき副作用について紹介します。

  • ホーム
  • タミフル販売店とインフルエンザに頭痛薬は注意を

タミフル販売店とインフルエンザに頭痛薬は注意を

タミフルはインフルエンザのA型やB型などに感染がみとめられたとき処方される薬で、インフルエンザウイルスが増殖する際に欠かすことができない酵素である、ノイラミニダーゼの働きを阻害する作用を持っています。
増殖を抑制する薬であるため早期の服用が望ましく、症状が発症後48時間以内に飲むことが最も効果的です。
ウイルスを殺菌するものではないため、インフルエンザでは無く一般的な風邪に対しては効果がない薬です。

タミフルはクリニックで処方を受けて薬局で購入することもできますが、販売は通販でも行われていて、医薬品を取り扱っているところから購入が可能です。
服用に際してとても注意が必要な薬で、若い年齢の人が飲んだ時に異常行動を起こしたという報告例があります。
薬の副作用で起きたかどうかははっきりとしていないため、飲んだ後に異変を感じたらすぐに医師に相談するべきです。
未成年者に使うときには、一人にせずに家族が見守った方が安心できます。

意識障害のような状態や、突然走り出したり興奮するなどといった症状、動機や発赤、下痢や嘔吐などから吐血や血便などにも注意が必要です。
腎臓が悪い人は、医師に伝えて処方を受ける必要があります。

インフルエンザになり高熱が続くと、頭痛が続くことがありますが、飲まないほうが良い頭痛薬が多いので、家庭の常備薬を飲んだりせず、医師から処方を受けるべきです。
インフルエンザ脳炎を起こしていた場合、薬の成分で悪化させてしまうことがあるためです。

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるだけで、実際にウイルスと戦うのは自分の免疫です。
薬を飲まない時よりも飲んだ方が数日早く回復することが可能になります。
薬を飲んだら体力を温存するために、安静にすることが大切です。